サッコラーチョイハヤッセー!

いよいよ盛岡さんさ踊りが始まりましたね、いかがお過ごしですか?

今夜の下田遺産は、さんさの都MORIOKAへ、皆さんを誘います。

 

MORIOKA。日本に生まれ育った人間なら一度は耳にしたことのあるこの地名。

岩手県のちょうど真ん中、秋田県が左下を見下ろした辺りに位置します。

実は岩手県のリアス式海岸と呼ばれるあのギザギザの部分、あの削り取られた部分

が集まって出来たのが北海道です。青森県の右上にあるマサカリのようなもので削り取られました。

つまり青森県と北海道はグルなわけです。その証拠に奴らは海底トンネルで民族同士を移動させています。

そんな可哀そうな岩手県に手を差し伸べたのが秋田県です、もともと彼らはヨーロッパにあった大陸

ですが、あまりにも可哀そうなので居てもたっても居られなくなり長い年月を掛け岩手県の隣まで

やってきたそうです。彼らがヨーロッパ人である証拠に高い鼻が付いていますが、今では男鹿半島と

呼ばれ金髪のヨーロッパ人が鬼に変装して子供たちの成長に一役買っているそうです。

 

そんな愉快な仲間たちに囲まれた都MORIOKA、もうすぐいしがきミュージックフェスティバルが

始まります、皆さんも是非遊びにいらしてくださいね。